【ディップスで加重する方法と重量の目安】ディッピングベルトの使い方

ディップスで加重する方法を解説します。


15回以上できる人は、加重したディップスに移行しましょう。


結論から言うと、方法は以下の3つ。

  1. ディッピングベルトを使う
  2. ウェイトベストを使う
  3. リュックサックを使う



一番のおすすめは、ディッピングベルトを使って加重する方法です。



ディップスで加重する方法

ディップスで加重する方法

  1. ディッピングベルトをつける
  2. ウェイトベストをつける
  3. リュックサックを背負う


上記の通りです。


順番に解説しましょう。


①ディッピングベルトをつける



もっともスタンダードな方法です。


ディッピングベルトを使って、腰からウェイトをぶら下げます。



プレートまたはダンベルをつけたディッピングベルトを腰にかけます。


チンニングの加重にも使えるので、1個持っていれば便利です。



試しに、まずはジムに置いてあるものを使ってみてください。



ディッピングベルトの使い方

プレートを使用する場合

  • ディッピングベルトのチェーンに、プレートを通します。
  • プレートを取りつけたら、腰にセットします。



ダンベルを使用する場合

  • ディッピングベルトを、腰にセットします。
  • 腰にセットしたら、ダンベルを取りつけます。



ベルトの長さは、トレーニングがしやすい長さに調整してください。


体を下げたときにウェイトが床につくと、負荷が逃げるので要注意です。



②ウェイトベストをつける



ウェイトベストを着て加重する方法です。


物にもよりますが、10~50kgくらい加重できます。

ポケットがいくつかついており、重りが入れられるようになっています。細かな重量調整ができます。



頭からかぶるように装着して、腰にあるベルトを締めて固定させます。


ウェイトベストのメリットは、手足が自由に動かせるところ。


着ると、少し息苦しくなるのがデメリットです。


ウェイトベストには、上半身への衝撃を吸収する役割もあります。



③リュックサックを背負う

リュックの中にウェイトを入れて背負っても、加重できます。


水を入れたペットボトルや本、ダンベルなど、家にある重りになる物を入れて、加重します。


ただし、ウェイトの重さが重くなってくると、前傾姿勢がむずかしくなります。



重心が後ろに移動して、バランスをとりにくくなるからです。


リュックを体の前に移動してやってみましたが、リュックが大きかったので動きにくくなりました。



大胸筋ねらいでやるなら、ディッピングベルトをおすすめします。


ディップスで加重する重量の目安

加重する重量の目安は、10~12回x3セットをこなせるくらいです。

ギリギリこなせるくらいでは、少し負荷が重すぎです。


最後まで正しいフォームをキープしながら、問題なく終えられる重量にしましょう。


1セット15回以上楽にできるようになったら、負荷を増やして調整してください。


ディップスで加重する際の注意点

続いて、ディップスで加重する際の気をつけるべきポイントを紹介します。


加重する際の注意点

  1. 負荷を急に上げすぎない
  2. 深く体を下ろしすぎない
  3. 前傾できないなら加重しない



上記の通りです。


順番に解説しましょう。


①負荷を急に上げすぎない

一つ目の注意点は、負荷を急に上げすぎないことです。


負荷は少しずつ上げてください。

いきなり高負荷で行うと、関節を痛める危険があります。



先ほども説明した通り、負荷を上げるのは正確なフォームで15回以上を楽にこなせるようになったタイミングです。


自分の筋力レベル以上に負荷を上げるのはやめましょう。


②深く体を下ろしすぎない

2つ目の注意点は、深く体を下ろしすぎないこと。


体を下げる目安は、肩がヒジより低くならない程度です。

上腕が床と平行になるまでです。



深く体を下げると、肩に強くストレッチがかかります。


加重してすぐは、重みで体が下がりやすくなるので、特に注意が必要です。


③前傾できないなら加重しない

3つ目の注意点は、加重して前傾ができないなら、加重しないことです。

加重すると、前傾させるのが少しむずかしくなります。しかし、まったくできないのは、筋力不足です。



加重するのはまだ早いので、通常の加重しないディップスで鍛えてください。


前傾させるコツは、下記の記事にまとめています。


前傾姿勢が苦手な人はチェックしましょう。


ディップスでうまく前傾させるには?

関連記事

ディップスでうまく前傾できない人向けです。前傾できない人が無意識にやってしまっているパターンを4つまとめました。当てはまるパターンはないか? 1つずつ確認してみましょう。 ディップスで前傾姿勢ができない理由 前傾できない人によ[…]

両手で顔を隠している女の子




まとめ|ディップスで加重する方法

本記事では、ディップスで加重する方法を解説しました。


特別な理由がなければ、ディッピングベルトをおすすめします。


加重なしで15回以上できるようになったら、加重したディップスを始めましょう。


加重してはじめのうちは、フォームが崩れやすくなるので要注意です。