マイプロテインの500円分クーポンGETはこちらから >>>

山手線車内で筋トレできるアプリ「‘TRAIN’ing」を試験導入【JR東日本】

iPhoneグッズ

JR東日本およびJR東日本スポーツが、山手線の車内で利用できるiPhone専用アプリの試験導入を始めました。


そのアプリは、電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」(iOSのみ)です。


車内の混雑状況も配慮しながら、電車内で取り組める、最適なトレーニングメニューを提案してくれるそうですよ。


移動時間も有効活用できたらいいですよね。

あひる
あひる

では、電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」についてチェックしていきましょう。



「‘TRAIN’ing」とはどんなアプリ?

実施期間2019年11月26日〜2020年3月12日
実施箇所新型車両「E235系」の車内(2017年から営業運転)
対応言語日本語、英語

乗車駅と降車駅、車内の位置を選択すると、乗車位置や混雑状況に応じて、つり革や手すりを使用したトレーニングメニューが提案されます。


通勤や通学などの移動時間を健康増進に活用してもらう目的で開発されました。


「‘TRAIN’ing」でできること

筋力トレーニングからストレッチ、マインドフルネスのメニューまで、全部で80種類を超えるトレーニングに電車内で取り組むことができます。


少しだけ紹介しますと、

  • 座席に座りながらバッグを上下させる、二の腕のトレーニング。
  • つり革につかまりながら肩を上下させる、肩のトレーニング。
  • 手すりにつかまりながらスクワットをする、太もものトレーニング。


このような感じです。


全て車内でできる、本格的なプログラムになっています。


「‘TRAIN’ing」の使い方

アプリの使い方は、とてもシンプルになっています。


1. App Storeからアプリをダウンロード。


2. 山手線内の駅のホーム上でアプリを起動します。

車内に設置されたBeacon(ビーコン)とアプリが連動し、ユーザーの乗車を検知します。実施箇所は新型車両「E235系」の車内に限られています。

 
3. 乗車する前に、チェックインを行います。

  • 「乗車駅」と「降車駅」を入力する。
  • トレーニングの目的を「鍛える」と「整える」から選択する。
  • トレーニングをしたい部位を、「フィジカル」と「メンタル」から選択する。


4. 乗車したら、さらに車内の位置を「座席」、「つり革」、「手すり」の中から選択。


5. 最適なトレーニングメニューが、音声によって案内されます。

ポイント

音声案内のため、イヤフォンやヘッドフォンは必要です。画面を見る必要はありません。



6. 降車駅に着くとトレーニングは終了です。


トレーニングをしている間は、自動で位置情報を取得し続け、降車駅に到着するとメニューが終了になります。


「‘TRAIN’ing」に期待できる効果

本格的なプログラムを体験できる

このアプリは、車内の混雑状況も配慮しながら、最適なトレーニングメニューを提案してくれます。


降車駅まで一区間ごとに、違う種類のトレーニングメニューを体験することができます。



収録されているトレーニングのプログラムは、「JEXER(ジェクサー)」の健康運動指導士・フィットネスインストラクター監修のもと考案されたものです。

「JEXER(ジェクサー)」とは、JR東日本スポーツが運営しているフィットネスジムの名称です。



そのため、このアプリを活用すれば、移動時間に本格的なプログラムを気軽に体験することができます。


楽しみながらトレーニングができる

モチベーションを上げるためのさまざまな機能がついているので、楽しみながらトレーニングを続けられます。


例えば、トレーニングの内容や回数の実績を管理する、「グラフ機能」があります。


また、ユーザーは一定の目標を達成すれば、「トレーニングバッジ」を手に入れることも可能です。


集めたバッジは、専用ハッシュタグをつけてツイッターやインスタグラムに画像投稿すれば、みんなと競い合うことができるそうです。


これらの機能によって、ユーザーはモチベーションを保ちながら、飽きずに取り組むことができます。



移動時間を有効活用できる

忙しい毎日の中では、トレーニングをしたいと思っても、なかなか時間を作るのは難しいですよね。


このアプリなら、そんな忙しい毎日を送る人でも、通勤や通学などの移動時間を有意義に活用することができます。


ストレスに感じやすい移動時間を、このアプリを活用することで、少しでも楽しい有意義な時間にできればいいですよね。


まとめ

この記事では、電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」について紹介しました。


アプリをダウンロードできる期間は、2019年11月26日から2020年3月12日までです。


iPhoneユーザーなら無料で利用できますが、利用期間は起動した日から77日間に限られます。


日本語と英語のみの対応となっており、英語を希望する場合は、OSの言語設定を英語に切り替える必要があります。


試験導入の結果を踏まえて、山手線以外での導入も検討する方針とのことです。


筋トレ先輩
筋トレ先輩

山手線を利用する人なら、試してみる価値はありそうですね。



参考元:「‘TRAIN’ing」電車専用トレーニングアプリ公式サイト