プロテインを1000円安く買う方法>>>

【ワイルドスピード9】ジョン・シナってどんな人?ワイスピ9に出演が決定!

ハリウッドモチベーション

ワイルドスピード9に出演するプロレスラー、ジョン・シナ

大ヒットカーアクション映画として有名な、ワイルドスピードリーズ9作目の最新作「ワイルドスピード/ジェットブレイク」に、大人気プロレスラーのジョン・シナが出演することが正式に決定しました。


同じプロレスラー出身で、ワイルドスピードシリーズに出演していたドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス役)は、今回の最新作には登場しない可能性が高いです。


そのため、アクションスターとしてワイルドスピードシリーズに出演するジョン・シナへの期待が高まりますね。


この記事では、そんなジョン・シナについて紹介します。


あひる
あひる

ワイルドスピード最新作がさらに楽しみになるね。



ジョン・シナについて

本名ジョン・フェリックス・アンソニー・シナ・ジュニア
生年月日1977年4月23日
出身地アメリカ合衆国マサチューセッツ州

ジョン・シナは、アメリカで大人気のスーパースターのひとりです。


元々はプロレスラーとして主に活躍していました。


2002年6月27日に、世界最高峰のレスリング団体「WWE」デビューを果たしています。

筋トレ先輩
筋トレ先輩

デビュー戦の相手は、のちに殿堂入りを果たすカート・アングルでした。



「ワル学博士」のニックネームで、ラップスタイルのマイクパフォーマンスを行う選手としてよく知られています。


ジョン・シナのマイクパフォーマンスはCDが発売されるほど、人気があるみたいですよ。


以来、WWEスーパースターとして活躍を続け、最多記録タイの世界王座16回を獲得し、殿堂入りが期待されています。

WWEでの世界王座16回獲得は、リック・フレアーの最多記録に並びます。



現在、アメリカで大人気のクイズ番組「Are You Smarter Than a Fifth Grader?」では、小学生たちと一緒に番組を盛り上げる司会者として有名です。


また、「メイク・ア・ウィッシュ財団(難病の子どもたちの願いをかなえる活動をする団体)」からの依頼で、今までに600人以上の子どもたちの願いに応えています。




プロレスラーとしてデビューしたての頃のジョン・シナは、対戦相手をけなすようなマイクパフォーマンスや過激なプレーも行なってきました。


しかし、その後大きく変化し、米広告評議会による「We Are America」キャンペーンを担う最適の人物と評されるようになっています。


子どもたちとも繋がりのある、誰からも愛されるエンターティナーのようですね。


ジョン・シナは、プロレス界だけでなく、俳優や声優、テレビ司会者、社会活動家などとして活躍の場を広げる、アメリカでは大人気のスーパースターです。


ワイルドスピード9での役どころ

ジョン・シナは、ヴィン・ディーゼル演じる主人公ドミニク・トレットの実の弟、ジェイコブ・トレットを演じています。


公開された3分50秒の予告編では、盗みのプロであり暗殺者、運転技術も超一流な人物としてファミリーの前に登場します。


ドミニクとにらみ合うシーンや前作「ワイルドスピード/アイスブレイク」の悪役サイファー(シャーリーズ・セロン)との繋がりを感じさせるセリフがあり、悪役ではないかと考えられていました。


しかし、ジョン・シナ自身はその悪役説を否定しています。


これまでのワイルドスピードシリーズのように、一言では説明できないような、敵でもあり味方でもある、そんな色々な顔を持ったキャラクターなのかもしれませんね。


今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」では、ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、残念ながら登場しません。


2019年8月に公開された映画「ワイルドスピード スーパーコンボ」では、ドウェイン・ジョンソンが主役としてホブスを演じていましたよね。


ドウェイン・ジョンソンに続くプロレスラー出身の俳優として期待されているジョン・シナ。


WWEのスーパースターとして、いつでもリングに立てるように現在もトレーニングを行なっているそうですよ。


公式には体重が113 . 3kgと発表されており、プロレスや映画出演のスケジュールに合わせてその度カラダを作り上げています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」では、トレーニングで鍛えられたジョン・シナの肉体も注目ポイントですね。


あひる
あひる

新しいキャラクターが登場するのは、本当に楽しみですね。



ジョン・シナの代表作


ジョン・シナが過去に出演した作品は次の通りです。

  1. ネバー・サレンダー 肉弾凶器(2006年)
  2. 12ラウンド(2009年)
  3. レジェンダリー 約束のリングで(2010年)
  4. ブラッド・ヒート 肉弾戦争(2011年)
  5. エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年)
  6. パパVS新しいパパ(2015年)
  7. シスターズ(2015年)
  8. ザ・ウォール(2017年)
  9. パパVS新しいパパ2(2017年)
  10. ブロッカーズ(2018年)
  11. バンブルビー(2018年)
  12. プロジェクトX -トラクション(2019年)



2021年8月6日公開予定の「スーサイド・スクワッド」続編にも、すでに出演が決まっているそうですよ。


さいごに

ジョン・シナは、ドウェイン・ジョンソンに続くプロレスラー出身の俳優として、これからどんどん活躍していくことが期待できますね。


ジョン・シナが出演する「ワイルドスピード/ジェットブレイク」は、2020年5月22日に全米公開予定です。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」、さらにその後続くジョン・シナ出演最新作も、ぜひ楽しみに待ちましょう。





Amazon Primeなら、ワイルドスピードシリーズが無料で視聴出来ます。

\学生なら学生プログラムがお得/