バーベルスクワットの頻度は週2回がベスト【断言できる3つの理由】

下半身の筋肉に効果絶大な、バーベルスクワットの頻度についての内容です。


 
バーベルスクワットは、どのくらいの頻度でやるべき?

こんな疑問にお答えします。



結論から言いますと、

  • バーベルスクワットのおすすめの頻度は、週2回。
  • 週2回なら疲労回復期間を確保しつつ、筋トレのペースも落とさずに済むから です。



バーベルスクワットの頻度に迷っている人は、要チェックです。


バーベルスクワットの理想の頻度

おすすめの頻度は週2回

バーベルスクワットの理想的な頻度は、週2回です。


ただし、間に2~3日は空けましょう。


毎日連続してバーベルスクワットを行うと、疲れがとれないうちに、さらに疲労を重ねることになります。



力を最大限に発揮できずトレーニング効果が減り、ケガをするリスクも高まってしまいます。


火~木曜日あたりでトレーニングを行い、土日あたりに残り1回行うくらいがおすすめです。


週2回がおすすめな理由

週2回に頻度を上げると、以下のメリットが得られるからです。


週2回の筋トレで得られるメリット

  1. 疲労回復期間を確保できる
  2. フォームを早く習得できる
  3. 効果を早く実感できる



具体的に解説しましょう。


①疲労回復期間を確保できる

先ほど説明したように、頻度が高すぎるとトレーニングの回復が十分に行われません。


疲労がたまっているので、次回のトレーニングに支障をきたしてしまいます。



トレーニングの効果が得られないので、休息日を作って体を休ませることが必要です。



超回復の原理から考えても、筋肉のためには適切な休息をとることが重要。


筋トレ後24~48時間後に休息をとることによって起こる、筋トレ前よりも筋力や筋肉量が向上する現象のことです。



 
あひる
週2回の頻度なら、適度に体を休められるね。



ベストな状態でバーベルスクワットを行えば、トレーニングのパフォーマンスがアップします。


②フォームを早く習得できる

フォームのコツをつかむまでの期間が短くなるメリットもあります。


バーベルスクワットを始めてすぐの頃は経験が浅いので、フォームや動作が安定しません。




次のトレーニング日までの期間が長いと、せっかく体で覚えたフォームも忘れます。


フォームを習得するには慣れが必要で、そのためにはある程度の頻度で回数をこなすことが重要。



適度な頻度でトレーニングを重ねていけば、正確なフォームを早めに身につけられます。



③効果を早く実感できる

週2回の頻度なら、効果も早く実感できることもメリットのひとつ。


頻度が低いと、バーベルスクワットで効果を出すのに時間がかかります。


効果を感じられない期間が続くと、モチベーションの低下につながってしまいます。



少しずつでも効果を実感できれば、トレーニングへの意欲も自然とアップしますよ。


効率よく鍛えていきたい人は、週2回で行ってみてください。



バーベルスクワットは週1回でもOK

週1回のトレーニングでも、もちろん効果は得られます。


以下のような場合は、週1回でもOKです。


週1回にした方が良いときの例

  • 筋肉痛が治らずに残っているとき
  • 限界まで追い込みたいとき




筋肉痛が治らずに残っているとき

筋肉痛が残ったまま、バーベルスクワットを行うのはNGです。


次のトレーニングまで筋肉痛が治らなかったときは、週2回にこだわる必要はありません。


無理をせずに、疲労がとれるまでしっかりと休んでください。


ひざが痛い場合は、バーベルスクワットのやり方に問題がある可能性が高いので要注意です。


バーベルスクワットで膝が痛い原因を見てみる

関連記事

バーベルスクワットで膝が痛い原因と、具体的な解決策についての内容です。バーベルスクワットで膝が痛いのには原因があります。結論から言いますと、膝が痛いのは、 フォームが間違っているか、筋力が足りていない(負荷が重すぎる)のが原因。 […]

片脚を立てて座る人物



限界まで追い込みたいとき

また、1回のトレーニングで限界まで追い込む場合、週2回だと体に負担がかかりすぎることがあります。


個人の筋力レベルやその日の体調・健康状態にもよるので一概には言えませんが、要注意です。




バーベルスクワットは高強度な種目なので、きついときは週1ペースに落としてください。



バーベルスクワットの頻度まとめ

本記事では、バーベルスクワットの頻度について詳しく解説しました。


週2回の頻度は、効率よく最短で筋トレを進めたい人におすすめです。


ただし、筋肉痛がまだ残っていたり、疲労感があるときは無理をしてはいけません。


様子を見ながらペースを落としましょう。


長くトレーニングを続けていけば、自分に合った頻度が分かってきます。


その時が来るまでは、週2回のペースで試してみてください。