ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズの違い【3つあります】

ベントオーバーラテラルレイズと、ベントオーバーリアレイズの違いについて、解説します。


黄色あひる
動きがほとんど一緒みたいだけど、ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズって同じ種目なの?



こんな疑問にお答えします。


結論から言いますと、ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズはよく似ていますが、実は以下の通り違いが3つあります。

  1. ヒジの曲げ方
  2. 腕の上げ方向
  3. 効く筋肉部位


ベントオーバーリアレイズのバリエーション種目の中に、ベントオーバーラテラルレイズがあるイメージです。


では、詳しく解説していきましょう。

ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズとは

ベントオーバーラテラルレイズと、ベントオーバーリアレイズと呼ばれる種目があります。


この2つの種目は、どちらも立った状態から上半身を前傾させ、ウェイトを持ち上げるトレーニングです。


ウェイトには、ダンベルやトレーニングチューブが使われます。



大きな違いはないので、一般的には同じ筋トレ種目として認識されています。


しかし、厳密には違いが存在しているので要注意です。


それぞれの名前の意味が理解できると、違いが見えてきます。


ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズの意味

それぞれの名前に含まれる、英単語の意味を確認しましょう。

ベントオーバーラテラルレイズの意味


単語意味
ベントオーバー(vent over)前傾姿勢
ラテラル(lateral)横の、横からの、側面の、
レイズ(raise)上げる



ベントオーバーラテラルレイズは、前傾姿勢になって、体の側面でウェイトを上げるトレーニングという意味です。


ベントオーバーリアレイズの意味


単語意味
ベントオーバー(vent over)前傾姿勢
リア(rear)後ろの、後部の
レイズ(raise)上げる



ベントオーバーリアレイズでは、前傾姿勢になって、体の後方でウェイトを上げるという意味になります。


つまり、2つの種目には、両腕の持ち上げ方に違いがあるということです。


ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズの3つの違い

さらに具体的に解説しましょう。


ベントオーバーラテラルレイズとベントオーバーリアレイズには、以下の通り、動作における違いが3つあります。


動作による3つの違い

  1. ヒジの曲げ方
  2. 腕の上げ方向
  3. 効く筋肉部位


順番に解説しましょう。


①ヒジの曲げ方が違う


ヒジの曲げ方

  • ベントオーバーラテラルレイズでは、ヒジは軽く曲げる。
  • ベントオーバーリアレイズは、ヒジは曲げずに伸ばす。



1つ目の違いは、ヒジの曲げ方です。


ヒジを曲げるのか、曲げないのか、という違いがあります。


②腕の上げ方向が違う


両腕を持ち上げる方向

  • ベントオーバーラテラルレイズは、真横に水平に持ち上げる。
  • ベントオーバーリアレイズでは、後ろへ向かって持ち上げる。



2つ目の違いは、腕を持ち上げる方向になります。


真横に向かって水平に上げるのか、後ろへ向かって上げるのか、という違いです。


③効く筋肉部位が違う


鍛えられる筋肉部位

  • ベントオーバーラテラルレイズは、三角筋後部、広背筋、僧帽筋。
  • ベントオーバーリアレイズでは、三角筋後部が中心に鍛えられる。



3つ目の違いは、鍛えられる筋肉部位です。


それぞれ効果のある部位が違っています。



ベントオーバーラテラルレイスは、ヒジを軽く曲げた状態で、腕を真横に水平な角度で上げていきます。


一方、ベントオーバーリアレイズでは、ヒジをなるべく曲げずに腕を後ろへ向かって持ち上げます。


つまり、腕を持ち上げる角度が大きく違っていることになります。



それぞれウェイトの持ち上げ方が違うので、効かせられる筋肉部位にも違いがあります。


ベントオーバーラテラルレイズでは、三角筋後部以外にも負荷が入るようになるのです。



まとめ

本記事では、ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズの違いについて解説しました。


ベントオーバーラテラルレイズとリアレイズは、基本的にどちらも動きが似ている筋トレ種目として認識されます。


しかし、それぞれ効果のある筋肉部位が違っているので、要注意です。


リアレイズで三角筋後部にうまく効かせられない人は、ベントオーバーラテラルレイズのやり方で行っている可能性があります。


自分はどちらのやり方で行うべきなのか判断し、使い分けられるようになるといいですね。


トレーニングの質が上がり、効率よく鍛えられるようになります。