トレーニングベルトが必要な種目って?期待できる4つの効果とは

トレーニングベルトの効果と、トレーニングベルトが必要な種目を解説します。


 
トレーニングベルトって効果あるの?どの種目で使えばいいの?


こんな疑問にお答えします。


結論から言いますと、


トレーニングベルトは、フォームを安定させることでケガを防ぎ、最大筋力を高めてくれます。


そのため、デッドリフトやバーベルスクワットなどの高重量を扱う種目で必要になります。


トレーニングの効率を上げたい人は、要チェックです。


トレーニングベルトの特徴

では早速、トレーニングのベルトについて解説しましょう。

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ブラックレザーベルト



トレーニングベルトは上記のようなグッズです。

  • 筋トレのパフォーマンス向上
  • 筋トレによるケガの防止


を目的として使われます。


パワーベルトや、ウェイトリフティングベルト、ウェイトベルトなどとも呼ばれます。



BIG3(デッドリフト・スクワット・ベンチプレス)のような、高重量を扱う種目でよく使われます。



体幹が安定するのでトレーニング効率が上がり、同時に腰椎や脊柱起立筋も保護できるのです。



トレーニングベルトの効果

続いて、トレーニングベルトの4つの効果を紹介します。


トレーニングベルトの4つの効果

  1. ケガの防止になる
  2. 最大筋力が向上する
  3. トレーニングの効率が上がる
  4. フォームが安定しやすくなる



上記の通りです。


順番に解説しましょう。


効果①ケガを防いでくれる

まず一つ目は、ケガを防止する効果です。


腰をサポートすることで、トレーニング中のケガを防いでくれます。


腰は、あらゆる種目において負担がかかりやすい部位です。



腰は日常生活でも重要な役割を持っており、痛めると本当に動けなくなってしまいます。


初心者の期間はフォームを習得しきれていないので、特に注意が必要です。



高重量を扱うときは、トレーニングベルトで腰をサポートすることをおすすめします。


効果②最大筋力が向上する

2つ目は、腹圧が保たれることで最大筋力が向上する効果です。


トレーニングベルトを使用すると腹圧がうまく使えるようになります。


その結果、通常より重い重量を挙げやすくなります。


腹部にかかる圧力のことです。腹圧が上がると姿勢が改善されて、体幹が安定します。



フォームが安定すると、力を最大限まで発揮することが可能に。


挙上重量・使用重量が増える、つまり、トレーニングのパフォーマンスアップにつながるのです。


効果③トレーニングの効率が上がる

3つ目は、トレーニングの効率が上がる効果です。


具体的に言うと、腰への負担が減ることで追い込みやすくなり、トレーニングの質が上がります。


ターゲットとなる筋肉を追い込む前に、腰が限界を迎えるのを防げるからです。



今まで、腰が先に限界を迎えたことで、最後まで追い込めなかった経験はありませんか?


トレーニングベルトを装着すれば腰への負担が減るので、多くの回数をこなせるようになります。


ターゲットとなる筋肉をしっかりと追い込めるので、トレーニングの効率がグッと上がります。




効果④自然とフォームが安定する

4つ目は、自然とフォームが安定する効果です。


トレーニングベルトを使うと、体勢が崩れにくくなるので自然とフォームが安定します。


先ほど説明したとおり、腹圧が高まることで腰回りがかなり安定します。


自然と体の軸がまっすぐになるので、体勢が崩れにくくなるのです。



重い重量を持ち上げるときでも、バランスを取りやすく、安全にトレーニングを行えます。


ただし、無意識のうちに体勢がサポートされるので、フォームに意識が向かなくなるというデメリットがあるので要注意です。


トレーニングベルトが必要になる種目

続いて、トレーニングベルトが必要な種目を紹介します。


主な種目は、以下の通りです。


トレーニングベルトを使う種目

  1. デッドリフト
  2. バーベルスクワット
  3. ベンチプレス
  4. ショルダープレス



①デッドリフト

デッドリフトは、関与する筋肉が多いので、高重量を扱える種目です。


しかし、正しいフォームと動作で行わないと、腰を痛める危険があります。


初心者はまず、正しいフォームを習得するために、トレーニングベルトを使いながら練習しましょう。


デッドリフトのやり方

関連記事

この記事は、デッドリフトを正しく理解し、安全にトレーニングを行いたい人向けにまとめたものです。   デッドリフトでは、どこが鍛えられるのか? 正しいやり方とフォームは? 腰を痛めないためには、どうしたら良い? 腰を痛めた場合にも出来るトレ[…]

バーベルを握る男性



②バーベルスクワット

バーベルスクワットも、高重量を扱う種目です。


スクワットで重い重量を持ち上げると、その重さに対抗しようとして、動作中はずっと腰に緊張状態が続きます。

腰がリラックスできていないと腰に負担がかかります。また、深くしゃがめなくなる問題も起こります。



トレーニングベルトを使えば腰への負担が軽減され、股関節の柔軟性も高まるので、深くしゃがめるようになります。


バーベルスクワットのやり方

関連記事

下半身の筋肉に、効果絶大な筋トレとして人気の高いバーベルスクワット。本記事では、そんなバーベルスクワットの正しいフォームと一連の動作、上手くなるためのコツを紹介します。トレーニングの効果を高めるには、正しいやり方で行うことが重要です。持ち[…]

バーベルスクワットをする男性の後ろ姿



③ベンチプレス

ベンチプレスはベンチに横になった状態で行うので、実は腹圧をかける必要はそれほどありません。


しかし、装着すると腰への負担を軽減されるので、その分ターゲットの筋肉を追い込めるようになります。


ケガを防止して安全に行うことは、重量の記録更新に役立ちます。


ベンチプレスのやり方



④ショルダープレス

ショルダープレスは、重い重量を頭上へ持ち上げる種目です。


そのため、背中が反りすぎる場合や、バランスを崩しやすくなるなどの危険があります。



トレーニングベルトで腹圧を高くしておけば、フォームが崩れるのを防ぐことができます。





トレーニングベルトの種目と効果まとめ

本記事では、トレーニングベルトが必要な種目と効果について解説しました。


トレーニングベルトはジムに置いてあることが多いので、気になる人は試しに使ってみるといいですよ。


腹圧が高まるのでフォームが安定し、力を発揮しやすくなります。


ただし、トレーニングベルトに頼りすぎるのはNGです。


あくまで高重量を扱うときのサポート役として、トレーニングの効率を上げたいときに使いましょう。