筋トレは朝起きてから何時間後がベスト?【寝起きがNGな理由2つ】

浅野次官に道を歩く女性の後ろ姿
リス
悩めるリス
夜は時間がないから朝に筋トレがしたい。。。起きてすぐはダメって聞いたことがあるけど、具体的には何時間後ならいいの?



こんな疑問にお答えします。


筋トレを朝にやるなら起きてから何時間後がいいのか、理由を交えながらお答えします。



実際に私も土日だけですが、朝に筋トレをやっています。


メリットとデメリットも比較しつつ、筋トレを朝やるときに注意点についても解説していきます。



筋トレを朝にやるなら起きてから何時間後がいい?

時間を確認する狸のイラスト

まずは、結論からご紹介します。



【結論】寝筋トレは起床後2時間ほど空けた方がいい

筋トレは、起きてから2時間以上後にした方がいいです。


理由としては、体が起きていない状態で筋トレをすると、体に大きな負担をかけてしまうからです。



体のコンディションが整うまでは、少なくとも2時間ほどかかると考えておきましょう。


以下に、その理由を2つ解説します。


問題点①寝ている間に汗をかいて、水分が不足している

睡眠中に体から水分が抜けて、血液がドロドロになっています。


血流が悪い状態で筋トレをすると、血管や心臓に負担がかかってしまうのです。



起きたらまずは、水分補給をしてください。


 
あひる
血液がスムーズに全身に行き渡るようになるには、2時間程度必要です。



問題点②長時間何も食べていないため、エネルギーも不足している

起きたら水分だけでなく、エネルギーもしっかり摂ることが重要です。


エネルギーが補充されていないと、筋トレで力を発揮できません。



ただし、食後すぐの筋トレは消化不良につながるので、余裕を持って食事を摂っておきましょう。


 
あひる
起きてすぐなので、消化吸収が速いスポーツドリンクや、ホエイプロテインなどがおすすめです。



>>>マイプロテインで安く買う方法とおすすめ商品【失敗しないお得な買い方】



筋トレを朝にやるメリット3つ

喜ぶ3匹のペンギンのイラスト

筋トレを朝にやるメリットは、以下の通りです。


  • 筋肉がつきやすい
  • 代謝が上がっている
  • 計画通りに筋トレができる



メリット①筋肉がつきやすい

朝は、テストステロンの値が高くなっているからですね。


テストステロンとは、筋肉の生成に重要な役割を持つホルモンです。



寝ている間に脳から分泌されるので、朝は筋力アップに最適な時間帯だと言えます。


 
あひる
ただし、睡眠不足だったり睡眠の質が悪いと、テストステロンは十分に分泌されません。




朝の筋トレ効果を高めるには、質のいい睡眠をとっていることが大前提なので要注意です。



メリット②代謝が上がっている

体が起きてくると、寝ている間に下がっていた代謝が上がり始めます。


代謝が上がった状態で筋トレをすると、体脂肪を燃焼しやすいというメリットがありますね。


筋肉をつけつつ脂肪も落としていくなら、朝の筋トレが向いています。



また、起床後は疲労が回復されたタイミングでもあるので、トレーニングのパフォーマンスアップも期待できます。

 
あひる
筋トレの質が上がるので、効率よく筋トレを進めるには、朝がベストな時間帯だと言える訳です。



メリット③計画通りに筋トレができる

朝は、比較的計画通りに進めやすい時間帯です。


 
あひる
夜の筋トレは、残業や急用、疲労などで、どうしても出来ないときがありますよね。



忙しくしているうちに、筋トレ自体、やらなくなってしまう可能性もある訳です。


一方、朝なら早めに起きるだけで、筋トレの時間が確保できます。


計画通りに筋トレが進むなら、目的に合ったメニューを組みやすいのが嬉しいポイントです。



筋トレが続かないという人は、毎朝の習慣にしてしまえば、わりと楽に続けることができるようになります。



>>筋トレが続かない10個の理由と続けるコツ【継続できない人用】



筋トレを朝にやるデメリット2つ

混乱する猿のイラスト

続いて、デメリットについても解説しておきましょう。


  • 寝る時間が遅いと、睡眠不足になる
  • 筋トレ中のケガのリスクが高まる



デメリット①寝る時間帯が遅いと、睡眠不足になる

起床から筋トレまでの2時間、筋トレに1時間をかけるとすると、最低でも3時間は必要になります。


寝るのが遅い人は、寝る時間も調節しないと、睡眠不足になってしまうので要注意です。



先ほども説明したとおり、朝の筋トレ効果を得るには、質のいい睡眠をとっていることが大前提。


本末転倒にならないよう注意しましょう。



デメリット②筋トレ中のケガのリスクが高まる

体が十分に温まるまでは、体を動かしにくいです。


この状態でいきなり高重量に挑むと、ケガをしやすいので注意しましょう。



筋トレ前には、ウォーミングアップをすることをおすすめします。


予定の種目を、軽い重量で少しずつ慣らしながら行うウォーミングアップでOKです。


筋トレを朝にやるときの注意点2つ

ビックリマークを持った2匹のウサギのイラスト


ここまで読んで、「朝に筋トレをやってみよう」と決めた人は、以下の注意点も必ずチェックしておいてくださいね。


  • 高重量・高負荷は控える
  • 長時間やりすぎない



順番に解説しましょう。


注意点①高重量・高負荷は控える

高重量・高負荷のトレーニングは、どちらかというと夜向きです。


身体機能は夜に向かってピークを迎えるので、記録更新に挑むときなどは、なるべく夜に行う方がおすすめ。



朝はケガのリスクが高いので、ハードなトレーニングは控えた方が良いことを覚えておきましょう。


注意点②長時間やりすぎない

朝に頑張りすぎると、その後の仕事や予定がきついです。


なので、あまり追い込むようなことはせず、筋肉に刺激を与える程度にしておきましょう。


 
あひる
朝は夜よりも集中力を保ちやすいので、短い時間でもしっかりと効かせられるはずです。



鍛えたい筋肉に意識を集中させると、うまく効かせることができますよ。


筋トレをやる時間帯だけでなく、筋トレの中身・質も大切

ここまで、筋トレを行う時間帯について解説しましたが、ベストな時間帯というのは、人それぞれです。


職業や年齢、住む地域などによってライフスタイルはバラバラなので、一概にこれが正しいとは言い切れないのです。



筋トレを行う時間帯よりも、

  • 目的に合った筋トレができているか
  • 正しいやり方でできているか



という部分も大切です。


時間帯だけにこだわると、逆にトレーニングの質が下がる場合もるので注意しましょう。


 
あひる
筋トレを習慣にするには、なるべく同じ時間帯に行うのが理想ですが、朝にやる日と、夜にやる日の両方あってもOKです。



朝と夜とでトレーニングの内容を変えると、効率のいいトレーニングが可能になります。


色々実験しながら、自分にとってのベストなやり方を探ってみましょう。




まとめ【筋トレは朝起きてから2時間後にやるといい】

時間を確認する狸のイラスト




本記事は、「筋トレを朝やるなら、起きてから2時間後にやるのがいい」という内容です。


筋トレを朝に行うことのメリットとデメリットを交えながら、詳しく解説してきました。


 
あひる
大切なのは、トレーニングの質が高まるように、内容やタイミングを調節していくことです。



試行錯誤を繰り返しつつ、自分に合ったスケジュールを探っていきましょう。