筋トレ初心者向け「ジムに行くのが恥ずかしい」を解決する6つの方法

葉っぱで顔を覆い隠している女性

ジム初心者の多くは、「ガリガリだから/太っているから、ジムに行くのが恥ずかしい。」という悩みと直面します。


実際、私もジムに行くのが恥ずかしく、入会すべきか悩んだ時期がありました。


しかし、今では恥ずかしいと思うことはありません。


そこで、本記事では「初心者が感じるジムへ行くことの恥ずかしさ」を解消するための、具体的なアドバイスを紹介します。



先に結論から言いますと、

  1. 総合フィットネス施設を選ぶ
  2. 体験や見学、カウンセリングから始める
  3. 早朝や深夜などの時間帯を避けて通う
  4. ゆったりめのウェアを着るようにする
  5. パーソナルレッスンを受ける
  6. オンラインフィットネスに入会する



上記6つです。


それでは、順番に解説していきましょう。




ジム初心者が恥ずかしいと感じる理由と対策

ジム初心者がジムに行くとき、なぜ「恥ずかしい」と思うのか、解説します。


恥ずかしい理由は以下の通りです。

  1. 意識の高い人たちがいそうだから
  2. マシンの使い方が分からないから
  3. レベルの高い人が多そうだから
  4. 自分の体型に自信がないから
  5. フォーム・やり方に自信がないから
  6. 他人がいると緊張してしまうから


順番に解説しましょう。


①意識の高い人たちがいそうだから

大会に頻繁に出場しているようなマッチョや、ナイスバディの人たちに圧倒されるという悩みですね。


ジム内の暗黙のルールが分かっていない間は、常連の人たちに対する不安が大きいです。



意識の高い人が多いと、マシンを使いたくても気後れしてしまいますよね。


なので、幅広い年齢層が通いそうな総合フィットネス施設を選ぶのがおすすめ。


ゴールドジムのような、本格的で、マシンの種類が多いようなジムだと、意識の高い人たちが集まる傾向になります。


ジムエリアだけでなく、ヨガやピラティス、ダンスレッスンなどがある施設なら、様々な人たちが通っているでしょう。



ダイエットや健康目的で通っている人がわりと多い印象で、初心者でもなじみやすいです。



②マシンの使い方が分からないから

ジムには様々な種類のマシンがあるので、使い方が分からないマシンがあって当然です。


分からないときは、ジムスタッフやインストラクターの人に使い方を聞きましょう。

マシン本体やマシンの近くに、使い方が記載されていることも多いので、確認してみるといいですよ。



「使い方を聞くのも緊張する」という人見知りの人は、体験や見学・カウンセリングから始めてください。


指導者付きの体験があれば、その体験の中で、マシンの使い方を一通り教えてもらうことができます。


指示通りに進めるだけでいいので、分からないことがあっても、オドオドしなくて済みます。



また、指導を受けた方が、より安全にトレーニングできるので安心です。




③レベルの高い人が多そうだから

周りの人たちのレベルが高くて、ジムの中で一人浮くんじゃないかという悩みになります。


しかし実際のところは、みんな自分のことに夢中で、他人の行動をそこまで見ていません。



もし、何か言われることがあるなら、それは安全面で何か問題があったときなど。


危険なやり方になっていた場合、心優しい人が親切に教えてくれることはあります。



なので、初心者でまだまだレベルが低いからといって、気にしなくても大丈夫ですよ。


レベルが高い人はマシンが空いている時間を好むので、比較的、早朝や深夜などの時間帯に多いです。


周りのレベルが気になるときは、24時間営業のジムの場合ですが、早朝や深夜の時間帯を避けて通うといいですよ。



④自分の体型に自信がないから

ガリガリだから、もしくは太っているから、ジムに行くのが恥ずかしいということです。


つまり、ジムに行きたい理由が、逆に行けない理由になってしまっている状態ですね。



先ほども説明しましたが、みんな自分のトレーニングに夢中です。


見られるときは、マシンを使い終えるのを待たれているときくらいじゃないですかね。


ジムにはスタイル抜群な人しかいないという訳でもないので、体型をそこまで気にする必要はありません。



どうしても体型が気になるなら、体型が分かりにくい服装を選ぶといいでしょう。


Tシャツにハーフパンツ、その下にコンプレッションウェアなどを着るのがおすすめです。



⑤フォーム・やり方に自信がないから

フォーム・やり方が間違っている場合、何か思われていそうで恥ずかしいという悩みです。


確かにあまりにフォームが変だと、アドバイスしてあげたいなと思う人はいるかもしれませんね。



しかし、ジムは退会する人も結構いるので入れ替わりが激しく、経験者だと思っていた他の会員さんも、実は初心者だったということも。


逆にフォームを見習おうと観察されている場合もあるので、大抵の場合においては、気にしすぎる必要はありません。



それでも自信を持った上で、しっかりトレーニングをしたいというなら、「パーソナルレッスン」を1度でもいいので受けてみるのがおすすめ。


そのジムで有料で受けられるレッスンでもいいし、初めからパーソナル専門のジムに通うのもアリです。


 
あひる
筋肉への効かせ方やコツなども理解できるので、トレーニングの質が格段に高まりますよ。




▶いま無料で体験できるパーソナルジムはコチラ


>>>パーソナルジム ELEMENT

月額34,800円で通い放題のパーソナルジム。1回30分のトレーニングを実施。


>>> パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM

「バルクアップジム」としての利用も多く、痩せていて筋肉で大きくなりたいという人にもおすすめ。




⑥他人がいると緊張してしまうから

そもそも他人がいると、緊張して好きなように動けないという悩みです。


見られていないと分かっていても、周りの視線が気になってしまうこともありますよね、



そんなときは、オンラインフィットネスを利用すればOKです。


 
あひる
ビデオレッスンなら自宅で一人でできますし、ライブレッスンでも、インストラクターにしか見えないようになっています。



人目が気にならないので、自分の思うように好きなだけ追い込めますよ。



▶いまなら無料体験できる!



>>> W/Fitness(ウィズフィットネス)

事前準備はスマホとタオル、動きやすい服装だけでOK。



>>>Boot home(ブートホーム)

食事の写真をとってLINEで送れば、食事に関するアドバイスも受けられる。



>>>30.f(サーティフィット)

ビデオ通話で、リアルタイムに指導が受けられる。



【結論】恥ずかしさは慣れると自然と解消される

2匹のハリネズミ

ジムに行くのが恥ずかしいという気持ちは、慣れることで自然と解消できます。


実際、私自身、かなり緊張しながらジムに入会しました。



理由としては、初心者だからジムの中で目立って、じろじろ見られるんじゃないかと心配していたからですね。


しかし、1カ月ほどして気づいたことは、自分自身、新しく入ってきた初心者のことなど見ていなかったということ。


というよりも、そもそも誰が初心者なのか、会員同士では全く分かりません。


今思えば、もっと楽な気持ちで入会したら良かったかもしれませんね。



もし、恥ずかしさでジムへの入会を悩んでいるなら、あきらめるのは少しもったいないような気がします。


ジムによっては様々なマシンやプログラムが用意されていて、トレーニングの楽しさが広がるからです。


少し勇気を出して体験してみると、意外と平気だった、ということもあるかもしれません。



今500円で体験できるレッスン2つ

\ヨガを体験するなら/


\ピラティスを体験するなら/




まとめ【ジムに行くのが恥ずかしい理由と対策】

本記事では、ジム初心者が恥ずかしいと感じる理由と対策について解説しました。


実際のところ、恥ずかしいと感じるタイミングは人それぞれです。



ジムへの入会を考えているなら、今回紹介した対策も参考にしつつ、自分に合った方法で試してみましょう。


ジムでのトレーニングには、得られることもたくさんあります。


マシンを使って様々な角度から効かせられる、有酸素運動もできる、筋トレ仲間ができる、、、などですね。


ジムに入会して慣れてきたら、次は効果を実感するためのコツを学んでいきましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。