【ラットプルダウンの自宅でのやり方】自宅代用テクニックを公開

リビングルーム

ラットプルダウンを自宅で行うための方法をまとめました。


 
ラットプルダウンを自宅でやる方法はあのる?それぞれのメリットやデメリットも教えて!


こういった人向けです。


ラットプルダウンを自宅でやるには、主に以下のような方法があります。


  1. ラットプル専用マシン
  2. プーリーケーブルマシン
  3. マルチマシン(ホームジム)
  4. ラットプル付きパワーラック
  5. トレーニングチューブで代用



それでは詳しくチェックしていきましょう。



関連記事

筋トレをする女性向けに、ラットプルダウンの重さの目安について解説します。 ラットプルダウンの重さは何キロがベスト?おすすめの回数も合わせて知りたい!こういった人向けです。ラットプルダウンとは、専用のマシンを使[…]

海を眺めている女性の後ろ姿



ラットプルダウンの自宅でのやり方

①家庭用ラットプルマシンで鍛える

まず1つ目として、自宅にマシンを設置する方法があります。

なるべくトレーニングジムと同じ環境で鍛えたい、という人におすすめです。



ただし、マシンは大きくて気軽に移動できないので、置き場所を確保する必要があります。

かなりのスペースがとられてしまうため、広い家に住んでいないと正直言って難しいです。



予算やトレーニングスペースに余裕がある場合は、一度検討してみてもいいですね。



家庭用ラットプルマシンのおすすめ

おすすめマシン①ラットプル専用マシン


ラットプル専用マシンのメリット

パフォーマンスを落とすことなく。ジムと同じようなトレーニングが可能。


ラットプルダウンの基本のやり方で、正しいフォームで背筋を鍛えられる。



ラットプル専用マシンのデメリット

できる種目のバリエーションが少ない。


ある程度の予算と広い置き場所の確保が必要。




おすすめマシン②プーリーケーブルマシン



プーリーケーブルマシンのメリット

ジムでのやり方に近いので、フォームを保持しやすい。


アタッチメントを付け替えれば、他のプル系種目もできる。組み立ても簡単。




プーリーケーブルマシンのテメリット

負荷が足りない場合があるので、高重量を扱うなら、質のいい製品を選ばなくてはいけない。


プーリーをぶら下げる場所の確保が必要。




おすすめマシン③マルチマシン


マルチマシンのメリット

トレーニングできる種目のバリエーションが多い。


重量の調節がしやすい。




マルチマシンのデメリット

組み立てて使用するので、移動させるときが大変。


質が良いものを探すと、その分値段が大きく変わるため、ある程度の予算が必要になる。




おすすめマシン④ラットプル付きパワーラック


パワーラックのメリット

ベンチプレスやスクワットなど、バーベルを使用するフリーウェイト種目も可能。


オプションをつければ、チンニングやディップスなどで全身を鍛えられる。




パワーラックのデメリット

大きく重いので、組み立てや解体が大変。


値段が高いので、手が出しにくい。



▼ラットプル付きパワーラックの使い方動画はコチラ



上記の方法以外にも、実は他のやり方がもう1つあります。


それは、マルチポジションベンチを使ったやり方です。

角度を調節できるマルチポジションベンチに、専用のアタッチメントを取り付けて行う方法です。



▼マルチポジションベンチ



しかし安定性が悪く、トレーニングジムと同じようなクオリティは期待できません。


マルチポジションベンチを使ったやり方をするなら、この点を理解しておくことが必要です。



ただ、どうしても自宅でラットプルダウンをやりたいけど予算とスペース的に難しい人にはおすすめできます。




②トレーニングチューブで代用する

2つ目は、マシンを自宅に置けない場合のやり方です。


マシンで鍛える代わりに、トレーニングチューブを使用します。


値段も安く置き場所にも困らないので、筋トレ初心者でも気軽に自宅でラットプルダウンができます。



ただし、真上から腕を引けるようなやり方で行わないと、トレーニング効果を得られません。


チューブだとフォームの保持も難しいので、効かせるにはコツをつかむ必要があります。




おすすめのやり方

おすすめのやり方①チューブを取り付ける

メリット

片付けや持ち運びが簡単。


価格が安いので、気軽にチャレンジできる。




デメリット

身長より高い位置に取り付けられない場合、前傾させる必要があるので、腰を痛めやすい。


真上から腕を引いていないと、背筋にうまく効かせられない。




おすすめのやり方②チューブを手だけで引っ張る

メリット

高負荷をかけないので、初心者でも安全に鍛えられる。


トレーニングチューブさえあれば、どこでもトレーニングが可能。




デメリット

マシンと同じ高負荷で鍛えることは難しい。


背筋に効かせるには、コツをつかんでおくことが必要。





まとめ【ラットプルダウンの自宅でのやり方】

本記事では、ラットプルダウンの自宅でのやり方について詳しく解説しました。


ラットプルダウンは通常、トレーニングジムに置いてある専用のマシンで鍛えることが多いです。


しかし、家庭専用マシンやトレーニングチューブなどを活用すれば、自宅でも代用トレーニングをすることができます。


自宅でトレーニングを行いたい人は、今回ご紹介した方法で、ぜひチャレンジしてみてください。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。